キャッシングはうまく使えばいざというとき便利なアイテムですが、キャッシングを始めたいと思うときはまずキャッシングをどこで利用するのかを選ぶことから始まります。
キャッシングを利用するキャッシング会社のなかに、消費者金融でお金を借りる方法と銀行でお金を借りる方法、信販会社のクレジットカードを使ってお金を借りる方法があります。
消費者金融を利用するメリットは、審査がはやく審査内容も厳しさはなく、銀行の審査に通らなかった人でも利用できる可能性が高いといわれ、銀行系は審査がきびしく、時間もかかるので急いでお金が必要なときは利用しにくいといわれますが、金利が低いことや銀行という安心感から人気があるといえます。
消費者金融でお金を借りるのには貸金業法の総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているので、収入がなければ利用できません。
そのためパートやアルバイトをしていくらかでも収入のある主婦は利用できますが、子育てなどで忙しい専業主婦は利用できません。
専業主婦がどうしてもお金を借りる必要があるときは、銀行のカードローンなら消費者金と違い総量規制の影響を受けないので年収がなくても借りられ、イオン銀行の「イオン銀行カードローン」は50万円まで、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は30万円までを融資限度として主婦専用の商品がありますが、他にも専業主婦専用の商品を提供している金融会社も増えているので、口コミやホームページから情報を得ることで希望する会社がえらべると思います。